KOMEKOME clube が勧める、究極の保存


 KOMEKOME clube がお勧めする、究極の保存とは、お米を空気に触れさせないという事です。 つまりお米を酸化させないでパッキングする事です。真空パックするのが一番良い方法ですが、 一般の家庭では、なかなか難しい事でしょう。最近では、注射器のような器具で、 真空状態にする容器も販売されていますが、もっと手軽にできる方法のヒントをお教えしましょう。

●使い捨てカイロ

 何処ででも販売されている「使い捨てカイロ」を使用します。使い捨てカイロは、空気中の酸素と結びついて化学反応するときに出る熱で、 暖かくなる仕組みになっています。これを利用して、容器の中にカイロを入れれば、空気中の酸素はカイロの薬剤と酸化して、無くなってしまいます。 つまり、密封した容器にお米と使い捨てカイロを入れれば、カイロが酸素を吸って、お米の酸化を防げます。

●使用例

 一斗缶(大きいクッキーなどの空き缶でも可)などを用意して、お米と使い捨てカイロを入れ、缶と蓋を粘着テープ等で、 外から空気が進入しないように止めればOKです。後は、温度の低い場所に保管しておけば、完璧でしょう。
 ビニールを閉じるパッカーをお持ちでしたら、穴の開いていないビニール袋で、簡単にパッキングできます。

脱酸素パック 
ビニール袋で、パックした例。ほぼ真空状態になっています。

●使用の目安

○お米10kgに対して、使い捨てカイロ1〜2個

 上記のようにパッキングして、冷暗所に保管すれば、一夏過ぎてもお米はいたまないし、おまけに酸素が無いので、虫も涌きません。
 お米を食べきれないほど貰ったら、ぜひ試してみて下さい。


お米の保存 ご飯の保存

 2001年6月25日(月)フジテレビ「新常識クイズ!目からウロコ」という番組で、「お米の保存に使い捨てカイロ」が紹介されました。情報の出所は、このページで、こめこめくらべも、はずかしながら出演しました (*^^*ゞ


[戻る]