発芽玄米の作り方


できあがった発芽玄米 なにかと話題の発芽玄米。発芽玄米のギャバ(γアミノ酪酸)には、脳細胞を活性化し、血圧や血糖を自然に戻す特性を持っています。高血圧、脳卒中、糖尿病、痴呆症等の予防効果の可能性が高いといわれ、関心が高まっています。
 毎日食べるご飯で健康が維持できるということで、「どうしたら作れるの?」と、知りたい人も多いみたいですね。「作るの難しそう」って人や実際に作ってみたけど「芽が出ないよ」って人も多いかもしれません。作り方の基本は、資料を参考にしてみて下さい。
 ここでは、KOMEKOME clube 流の作り方を教えます。ポイントさえわかれば、簡単に作ることができます。これを参考にして頂き、工夫して発芽玄米をぜひ作ってみて下さい。

●ポイントは温度を保つ

缶飲料を保温するホットプレート 発芽玄米の作り方はさほど難しくありません。一番のポイントは、玄米を漬けているお湯の温度を保つことです。これさえできれば元気な玄米は、必ず芽が出てきます。
 資料では、日向に置いたり湯船に浮かせると書いてありますが、発芽玄米を作るのには約一日かかる為、天気が悪くなったりお風呂のお湯が冷めてしまったりと、お湯の温度を保つのはなかなか難しいかと思います。
 そこで、KOMEKOME clube がお勧めするのは、缶飲料等を保温するホットプレートです。(最近このホットプレートが手に入るのかわかりませんが)ホットプレートから出る熱で、お湯をある程度の温度に保つというやり方です。ホットプレートでなくても一定の温度にできる物でしたら、他にも応用が利くかと思います。

バットに玄米を入れ、お湯を注ぎます 金属性のバットを用意して、その中に玄米(新しい年に採れたもの)を入れ、お湯を注ぎこみます。お湯といっても指で触って、「ぬるい」と思う程度の温度でOKです。(なんなら水でも結構です)
 ホットプレートの熱が強いので、ラップで覆わなくても大丈夫。お湯の量は、資料にあるよりたっぷり入れます。ホットプレートの熱で蒸発が早いので、お湯が少なくなってきたら継ぎ足しましょう。
 このまま、バットをホットプレートに乗せてしまっては、お湯の温度が上がりすぎて、玄米が茹で上がってしまいます。バットとホットプレートの間を空ける工夫が必要です。
 次のページでご説明しましょう。

発芽玄米メモ
 発芽玄米はギャバを多く含んでおり、これは血圧を下げる働きがあるといわれている。このほか、脳卒中、耳鳴り、睡眠障害、意欲低下などの治療に用いられている。発芽玄米100g中にギャバは少ない品種で6〜7mg、多い品種で40rも含まれている。このほか、フィチン酸は慢性気管支疾患、脊髄疾患などの治療や腎臓結石の予防にも利用されている。また、玄米を発芽させることによりIP6が劇的に変化するが、IP6ナイシトールは理想の抗ガン性カクテルといわれている。
 玄米は、炊きにくく、固くて食べにくい、美味しくない、消化が悪いという欠点があるが、発芽することでこの欠点を全てクリアできる。玄米を0.5mから1ミリ発芽させると普通の炊飯器で炊ける。


資料・発芽玄米 次のページ→


[戻る]